2018/11/27

副院長紹介

山口紅子 Koko Yamaguchi

山口紅子(旧姓 小島)
山口紅子(旧姓 小島)

愛知学院大学歯学部歯学科卒業(1999)
同大学非常勤助教
日本歯科保存学会会員
日本歯内療法学会会員(JEA)
岡崎歯科医師会会員

臨床研修先

愛知学院大学歯学部附属病院第2保存科
豊川市民病院歯科口腔外科

勤務歴

愛知学院大学歯学部口腔治療学講座非常勤助教
名古屋市内開業医
小島歯科診療所(2004~)

卒後研修

愛知学院大学 ポストグラデュエートコース
IDA(国際デンタルアカデミー)
インプラントコース・デンティストコース
ロサンゼルスエステティックプロフェッショナル
審美歯科コース  修了
位相差顕微鏡講習 
マイクロスコープ講習
クリアアライナーコース 修了

研究

歯内療法領域におけるメタアナリシスの応用
根管充填の予後について

著書

「EBMをめざした歯科医療」 共同執筆

活動

学校歯科医補助
小学生を対象にした歯の授業(2004〜2009)
口腔がん検診

その他

BLS(一次救命処置コース)修了
ACLS (二次救命処置コース)修了

趣味

ダンス・映画・音楽鑑賞・歌
油彩(第1回 第2回 第3回 日美展秀作受賞)
手芸
読書

 歯科医師となり約20年が経ちます。祖母が歯科医師だったこともあり、女性でも歯科医師になることがそれほど珍しいとは思いませんでしたが、大学では女性の方が少なく、卒後からずっと私のようにフルタイムで働き続けている女医は少ないそうです。
 私は卒後研修を終えてしばらくしてから根管治療の予後についての論文を書きました。病巣の大きさや根の中に詰める薬の長さだとか、様々な客観的なデータによる分析を行ったのです。しかし今では何が予後を左右するかといえば、真っ先に患者様自身の口腔ケアの状態と無菌的な治療と言えるでしょう。もちろん根の治療だけでなくその後の土台や被せ物の形態や素材によって歯自体の予後は違ってきます。最近では患者様自身の気づかない習癖に気づいてもらい、歯を長く使うための予防も考えています。学会や論文雑誌などで多くの情報も取り入れ、さらにこれまでの様々な経験があるからこそ、患者様の長期的な口腔内のバランスを考え治療計画を提案できます。
 痛みがある時に対処すればいいと思っていれば口腔内のトラブルの多い人はいつまでも繰り返すことになります。私は出来るだけ多くの情報を患者様にお話しし、知識を持っていただけることが一番の予防方法だと思っています。
 患者様が自分のケアを諦めてしまうことが私にとって一番嫌なことです。いつまでも綺麗な歯でいてくれる方を診ると、こちらまで背筋が伸びて勇気付けられます。どうか、歯を大切にすることを習慣にしていただきたい、そう思いながら診療を続けて行きます。
 
 

研修の様子

ロサンゼルス市内 エステティックプロフェッショナルズでは主に審美修復の勉強をしてきました。

ホームへ先頭へ前へ戻る